セレクトショップの経営方法

セレクトショップ型の店主は常にセンスを磨いて情報網を張りつめ古本屋の新しいビジネスモデルを構築しています。いわゆる専門の古本屋は、顧客のコミュニティーに沿うように在庫を構成していますが、セレクトショップ型は「個性派古書店」ともいわれ、店主のセンスで集めた古本を売るお店です。 古本屋の店主が人を集めるといってもいいです。 とくに本好きというわけではない一般の人向けの新古書店の台頭によって、従来型の古書店は普通の顧客を失いました。 そういう古本を店主の選択眼によって選んで置くのが、セレクトショップ型の古書店です。 一般書の専門店なので、その枠ではくくれない、そこからはみ出す古本が世の中にはたくさんありました。 こういった新古書店は新たな可能性をひらいたのです。

古本屋の三種の神器

 さて、本棚きちんと配置されたところに、今度は本を並べてゆくのですが、その本は最良の状態でしょうか。汚れた本をそのまま陳列することはできません。某大手チェーン店ではグラインダーを使って、小口や天を削り、新品同様にして古い本の蘇生を行います。あまりに削りすぎて、角を丸くし、スピンまで切ってしまうこともあるということです。蔵書家はそこまでやるのを嫌う人がいます。何も本を削らなくても、と。古い本はそれだけ歴史を潜り抜けてきた風格があります。五十年、百年の匂いが染みついているのです。それはそれでマニアにとってはその本の「味」なのです。洗濯するように締麗に表面を研磨する必要はありません。  岩波文庫でも昔のものは、カバーなどなく、茶色に焼けたパラフィン紙が巻いてあります。それが邪魔だと思って剥いで裸にしてしまうと後々困ったことになります。マニアは元パラといって、最初からついているパラフィン紙を大事にするからです。帯も捨ててはいけません。帯があるないでは、文芸書の高いものでは何千円も価格が変動することがあります。こんな帯に何千円と笑う人もいますが、蒐集家はできるだけ完璧な状態を求めます。古本屋は、新品という言葉は使えないので、ものすごく新しい状態を極美といいます。その下が美本。まあまあのものは並程度。本の状態については、実に色々な言い方があるのです。  古本屋の三種の神器は、鉛筆、消しゴム、マジックリンです。それがなければ仕事ができないといっても過言ではありません。鉛筆は本の後ろ見返しに値段を書くため。消しゴムは本の線引きしたものを消すため。そして、マジックリンは、カバーの汚れ落としの役割を果たします。古本は常に最良の状態で陳列しなければなりません。仕入れた本はまず最初にページをめくってざっと状態をチェックします。学術書や大学の参考図書などは線引きをしていたり書き込みがある場合が多いのですが、安い本なら、消す手間暇が大変なので、特価台へと移動させます。もしも、高めの本なら、多少の鉛筆線引きは消しゴムで対応します。ただし、赤鉛筆は消しても跡が薄く残りますし、マーカーで引かれた本はもうどうすることもできません。資料としても高価な内容の本は、線引き有りという表示をして、安価で出品するほかありません。消しゴムは、柔らかめのものより硬質なプラスチック消しゴムの方が紙が裂けないでいいようです。線引きを消すには、ページの下を片手で押さえ、ページが破けないように注意しながら行いましょう。

古本は価格弾力性が低い

値段を下げて、早く商品を売るのがいいかというと、古本の場合はそうとも言い切れません。相場が上がり調子のものをみすみす安く売るのは、その本を本当に必要としている人に手渡したいという古本屋のポリシーに反します。また、値段によって売れ行きが変わることを価格弾力性といいますが、本は値段が安ければ必ず売れるという類いの商品ではありません。 例えば相場が一万円の本が千円で出ていたとしても、その本を必要としない人にとっては意味がありません。逆に、必要な人にとっては、付いている価格よりもはるかに価値を持つ場合があります。本とは、そういうものです。こうしたところが、本が例えば食料品などとは決定的に違う点です。 八百屋や魚屋であれば、一日の終わりには店に何も商品がなくなるかもしれません。食べ物は安くすれば必ず売れるので、定休日の前日には、すべての商品を値下げして売り切ってしまうこともできるでしょう。しかし本はいくら安くしても、読みたくない本を買ってもらうことはできません。常に大量の在庫を抱えて、その一冊をほしがるただ一人のお客様を待つしかないのです。転売を目的とする人を除けば、古書は価格弾力性がきわめて低い商品だといえるでしょう。 つまり、安くして売る、安いから買うという状態にするには、転売してももうけが出るくらいまで安くしなければならないのです。 結局、相場か相場より少し安い価格を設定して、それをほしいと思ってくれる少数の人を待つしかないのが古本の商売です。まして、いまは新刊本も売れない時代です。新刊も古本も含めて、たくさんの売れない本のなかから、どのようにして自分の店の一冊を買ってもらえるようにしたらいいのか、どの店も苦心しています。開業にあたっては、このことを念頭に置いておきましょう。

本を売る相手を考えよう

古本を売りたい。そう思ったときにまず決めるべきことは、本を売る相手です。 とにかく手当たり次第に本を入荷して並べておく、というのもできなくはないですが、 スペースには限りがありますし、余りに多いとお客さんが探すときに手間取ってしまうかもしれません。 そこで古本を仕入れる際はターゲットを絞り、どんなジャンルの本を置くのかを決めてしまいましょう。 「歴史書なら任せて」「料理本ならうちの店よ」など経営する店舗の看板のようなものがあると、わかりやすいです。 お客さんも「この古本屋は自分の興味のあるものを置いてくれているんだな」とひと目で気づけますし、きっと親しみを持ってもらえるはずです。 特定の顧客が付けばごひいきにしてもらえるのはもちろん、「古本探してるのかい?実は、いいとこがあるんだよ」と口コミで宣伝してもらえるようになるのも夢ではありません。 とはいえ、老人ばかりが住んでいるような田舎や村に若者向けの本をたくさん置いても売れ行きは思わしくないでしょう。 特撮モノ好きな人ばかりが集まっている町中で、文学小説の古本ばかりを並べたりするのも同様です。 自分がこれから店舗を構えようとしている地域にはどのような人たちが集まっているのか、これをリサーチしておくことも大切です。 もちろん近辺の人々にはまったくウケなくても、噂を聞きつけ遠いところからはるばるやってくる奇特な方もいるかもしれません。 特にそのジャンルのマニアだったり、珍しい古本をコレクトしていたりするような人はどこへでもやって来ます。 このようにどんな人にどんな古本を売るのかを考えたうえでジャンルを選定し、店特有の雰囲気づくりをしていくのが先決と言えます。

古本買取の適正価格とは

自ら店頭の古本の価格を決める場合、 何を参考にしていけばいいのでしょうか。 売れる価格であるかどうかということと、 価値に見合った価格であるということは別物です。 市場の相場、他店の価格はいずれも他者がつけた価格です。 実際会ったらしい話では国外のあるサイトでは数十円程度の値札のものを 従業員が海外大手ショッピングサイトで数万円という情報を過信し、 そのままで販売してしまった例もあるようです。 店頭では特にですが、見た目の情報がほぼその古本の価値なので 古本の価値をお客様に説明できる状態であるべきでしょう。 ではどうやって価値が決まるのかというと、考えられる一つの材料として 発行部数や結果的に出版社に余った在庫、あとは求める人の数という、 いわゆる需要と供給の関係になるのではないでしょうか。 発行部数が少なく、さらに限定販売で、 けれども求める人が多い場合、 その古本はプレミアがつくほど値上がりすることもあるでしょう。 人気度は古本買取業者での市場をみてだいたいの目安をたてて、 新刊の発刊時の発行部数と市場での札の入り具合を判断材料に加えれば 自然に古本の売価が想定できそうです。 もちろん例外もあるでしょうし、つまりはそういった古本買取業界の 細かい事情を広く把握することが、相場を覚えることにつながるのではないでしょうか。 ただ最後に選ぶのはお客様になってくるでしょうから 価値の根拠や説明ができるのであれば、あとはそこに納得すれば 売れ、されなければ売れ残っていくということになるでしょう。 価格や価値が時間の流れによって変容する古本買取の業界であるからこそ、…