古本買取の金額について

ここでは、古本買取の金額について記載していきます。 ですがこれにはこれといった答えはなく お店によってもだいぶ変わる可能性があるため あくまでも参考程度にしてください。

まずは自分のお店にだすものと市場にだすものに分けます。 お店に出すものは先に売値を考え、逆算して そこから安い物でこれくらい、高い物でこれくらいといったように 金額設定をおこなっていきます。

汚れや痛んでいる物は当然価値を下げますし それでも買取たい古本であれば価格はあがるでしょう。 はじめから安物コーナーにならべると決まっているのであれば すずめの涙ほどにもみたない価格設定になるかもしれません。 一昔前では、古本買取は、定価以上・定価の半額以上・定価の半分未満 といった分け方をしていたようですが、 近年は古本買取相場が流動的で不安定なようで そうした仕分けは難しくなったようです。

市場にだせるようなものであれば 市場の落札価格を想定し、その半値で古本買取を行うというのも いいかもしれません。 運送やクリーニングコストがかかるのであれば それも含めなければ見込み利益が少なかったときに 自分の首をしめかねません。

古本買取金額については、 最近ではその本のニーズを知る目安としてネット情報を 利用する方も増えているようです。 たとえば海外大手ショッピングサイトの ランキングの順位でわけるなどです。 お客様からの買取という形ではなく 入札などにしぼって仕入れを行えば お客様からの買取額が数割を超え続けるお店にすることも 可能かもしれません。

売値には仕入れ代だけでなく経費もかかるわけですが 日本のスーパーマーケットでは売り上げの多くが販売管理費になるようです。 古本買取であれば大きくわけて 仕入れ値、利益と人件費があるとみたほうがよいかもしれません。