古本買取の変化

古本買取において、 もし商売をはじめたいなと思いお店を出した場合、 たいていが小売店からのスタートですが、 その販売方法は大きな課題ですね。

しかし一般の小売店と違い古本買取店は そもそも売ることよりも何をどうやっていくらで仕入れるべきなのか、 といったことがケースバイケースであったり 明確にしずらいなどの課題があるかもしれません。 (そういった意味では何を売るのかということも課題になりますが。)

製造業者が製造したものを卸売の業者が流通させる 一般的な商品では店頭価格の差を考慮しても数割の金額差であると思います。 出どころが同一であれば、値切ることは難しいでしょう。 (私はあまりそれらを値切っているところは見たことがないのですが。)

しかし古本買取の世界では、お店によって何倍も違う値段で 取引されているところをみなさんも見たことがあるのではないでしょうか。 それは古本買取の流通経路が多岐にわたり複雑であったり 必ずしも古本買取市場などをたどって販売されているわけではないから といったことが考えられます。

それでもこれまでは古本買取の価格設定の仕組みがある程度 機能していたようです。 それが近年では海外大手ショッピングサイトなど、ネット販売の価格差を利用した 背取りという販売方法によって古本買取の流通の仕組みが 大きく変化してしまったのではないでしょうか。

古本買取の価格や相場を把握しきるのは難しいことでしょう。 うっかり価値を知らず、相場以下で販売してしまうことも 時々あるようです。

こういった価値よりも低く販売される古本は だいたいにおいてそのお店が主として取り扱っている以外の 本であることがほとんどなようで、 積極的に仕入れたものではないせいか あまり大量にある可能性は期待できないでしょう。